So-net無料ブログ作成

野生のキノコでキノコ汁を作りました [グルメ]

先日、北八ヶ岳に行った時 野生のキノコを買ってきました

八ヶ岳周辺はこの時期道端で松茸や野生のキノコを売ってるシ-ンに

出くわすことがあります。

宿泊した温泉宿で味噌汁にキノコが入っていたので

食べたくなって主人に聞くと地元の人がJAの直売所で売ってるとのことで

場所を聞いて買ってきました。

場所の説明は 宿から道なりに下って行き、最初の信号を右折して

次の信号を左折して左側にある直売所だよ..でした(笑)

一つ目の信号なかなか現れずほとんど信号が無い場所です

2つ目の信号はすぐ現れて直売所というと小さな販売所をイメ-ジしてたので

それらしき場所がありません又逆戻りしてみましたがありません

農協の大きなス-パ-マ-ケットがあったのでダメ元で中に入ると

野生のキノコと松茸が売られてました。

こんな大きなス-パ-で野生のキノコが買えるとは思ってもみませんでした


今日の記事 そんな野生キノコでキノコ汁を作った記事になります

IMGP2997.jpg
買ってきたのは
左 ショウゲンジ 黄色のキノコ
右 ハナイグチ 赤褐色のヌメリのあるキノコ
という2種類を買いました
IMGP3001.jpg
ショウゲンジの裏側はこんな感じ
IMGP3003.jpg
主にマツやカラマツ林に自生するそうで
カラマツの葉や泥、虫がいそうで
食塩水に30分ほど漬けて虫や汚れを落とします
IMGP3005.jpg
石ツキは固いので包丁で切り落とします
IMGP3006.jpg
買ってきたキノコを洗うと
こんなに汚れが出ました
まあ、山から取ってきた野生キノコの証明みたいなものですね
IMGP3007.jpg
大きいものは傘の真ん中から2つに割いて
小さいキノコはそのまま使います
キノコの下準備が出来ました
IMGP3009.jpg
あらかじめネットできのこ汁のレシピを何回か確認したのと
40~50年前子供の頃
まだ山が近くに沢山あった時 父が採ってきたキノコを
母がきのこ汁にしてくれた記憶が残っていたので
お袋の味の記憶を元に再現してみました
まず大ナベにサラダ油を入れて熱します
IMGP3010.jpg
ナスは毒消しの意味で入れてた記憶を元に
キノコとナスを大ナベで炒めます
IMGP3013.jpg
キノコに火が通ってシンナリしてきました
IMGP3014.jpg
だし汁を入れます
今回は顆粒ダシと白ダシを使いました
(母が何を使っていたか記憶にございません)
IMGP3018.jpg
煮立ってきました
なんとなく いい感じでキノコの香が漂います
IMGP3019.jpg
煮立ってきたら
醤油とお酒、塩で味を調えます
IMGP3020.jpg
さらに一煮立てしたら
最後に豆腐を入れます
今回豆腐が煮崩れしないように木綿豆腐をしようしました
IMGP3023.jpg
きのこ汁の完成です
お袋の味と比べると
母の作ってくれたキノコ汁はもっとコクがあって美味しかったと思いました
その日の夜は 山の恵み、キノコ汁を堪能しました
IMGP3024.jpg
翌日の昼は残しておいた
キノコ汁に
うどん
を入れて
キノコうどんにしました
うどんは太い讃岐うどんにしちゃいましたが
母のうどんは細くて柔らかい
うどんだった事に
食べてて気が付きました
この手の
レシピは女房ではなく
僕が作りますが
美味しいと言って
食べてくれました(笑)
追伸
昨日、結婚記念日にお祝いコメありがとうございました
本当は
本日10日が 40回目の結婚記念日です
結婚40周年は ルビ-婚と言うみたいです
結婚50周年の金婚式は有名です
結婚60周年はダイヤモンド婚
僕の両親はダイヤモンド婚を
祝いましたので
何とか
両親の記録を破って
結婚70周年のプラチナ婚までと思いますが
二人そろって
元気でいないといけませんから
ハ-ドルは高いですよね(笑)
夫婦仲良く元気で長生き
皆様も頑張りましょう~

nice!(38)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー